作業工程

表替え
畳の表面に付いている畳表のみの交換になります。
6年〜10年が目安となります。
@ A B C
畳表を止めている糸
と釘を取り除きます。
寸法を測り縁を
はがします。
古い畳表を
はがします。
新しい畳表を
 貼り付けます。
D E F G
寸法通りに
   切り落とします。
縁を縫い付けて
いきます。
角を止めてから縁の
横を縫い付けます。
完成です。

裏返し
今ご使用頂いている畳表をはずし裏にひっくり返し張り替えます。
3年〜5年が目安となります。
@ A B C
畳表を止めている糸
と釘を取り除きます。
表を傷つけないように
慎重に縁をはがします。
綺麗にはがし
取れました。
裏面が表にくるように
ひっくり返します。
D E F G
しっかり縫い付けます。 霧を吹きつけブラシで
良くこすります。
縁を縫いつけ角を止め
横も縫い付けます。
完成です。

表替えと裏返しは当店の職人が隙間を埋めたりデコボコを直すなどの
調整も全てチェックして作りますのでご安心ください。


新畳
畳の表面にある畳表と下の芯をそっくり新しいものに交換します。
20年〜30年が目安となります。
@ A B C
切る寸法に印を
付けておきます。
芯となる畳床を寸法
通りに切断します。
畳表を縫い付けます。 寸法通りに畳表を
切り落とします。
D E F G
切断しながら縁を
縫い付けます。
厚みを調整しながら
横も縫い付けます。
完成です。 完成図(拡大)
※新畳の入れ替え工事の場合、古床処分料(税込み1080円)を別途いただきます。
※通常は建材床を使用いたしますが、+1080円でワラ床への交換も可能です。

※作業工程は当店の場合です。

加藤畳店

TEL 048-768-0417
FAX 048-768-0417


トップページに戻る